2009年07月01日

アジサイ

090628-gakuajisai.JPG

写真のアジサイは日本原産のガクアジサイ。一般的な球状のアジサイはセイヨウアジサイと呼ばれ、ガクアジサイから品種改良されたもの。

アジサイの学名「Hydrangea」には「水の容器」という意味がある。その名に相応しく、雨の雫で濡れた花弁がとても美しい。
posted by 小津 杉三 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然謳歌-草花と共に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

勿忘草(ワスレナグサ)

090524-forgetmenot.JPG

勿忘草を見るたび、この花の名前の由来ともなった、中世ドイツの伝説に登場する主人公ルドフルの言葉を思い出す。

騎士ルドルフはドナウ川の岸辺に咲くこのを恋人ベルタのために摘もうと岸に降り立ったが、誤って川に落ちてしまう。川に流されながらも、彼は最後の力を振り絞って手に持った花を岸で待つベルタに投げ、「Vergiss-mein-night!(僕を忘れないで)」と叫び、そのまま川に飲み込まれてしまう。

勿忘草は英語でもその言葉の直訳「Forget-me-not」と呼ばれ、日本では明治期の1905年に「勿忘草」と訳されたという。

花言葉は、「真実の愛」「私を忘れないで」「真実の友情」「誠の愛」など。
posted by 小津 杉三 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然謳歌-草花と共に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。