2012年01月08日

パン工房「パンテーブル」(甲州・勝沼町)

111120-pantable.JPG

地方都市を訪ねる楽しみに一つに、その土地の人に人気のあるパン屋。

そういえば、それなりにこだわりを持ったパン屋に対しては、そのまま「パン屋」と呼ぶのは失礼であって、「ブーランジェリー」と呼ぶのが礼儀だなどと、不思議なセンスを持った婦人らに出会ったことがある。では、「ベーカリー」はどうなるのか。あまりに日本語として浸透し過ぎていて、パン屋と同類とみなされてしまうのだろうか。

フランス語のブーランジェリーだと響きもよく、なんとなく品格があり、一方のべーカリーやパン屋だと庶民じみていると勝手に思い込んでいるのかも知れない。フランス語だと新鮮だからなのか、なんとなくお洒落感が漂っていて、やはり知識と教養に溢れるご婦人方にはウケがよいのかも知れない。

日本語のパンは、確かポルトガル語に由来する外来語。ポルトガル語とフランス語はロマンス諸語に属し、両者ともにラテン語の影響を受けている。フランス語でパンは「pain」。発音もさして変らない。にもかかわらず、どうして日本語としてのパンはそれほどまでに忌み嫌われなければならないのか。

店側にとって名称は看板そのもので、それなりの意味があることは分かるが、買う側としては、名称自体はさほど大きな問題ではなく、むしろ売っているパンが美味しければ、特段、屋号にケチをつけたりする輩はそういないのではないだろうか。「え?あんな名前の店で買ったの?」などと他人を卑下するだろうか。人によってはするかぁ。。。

で、今回お邪魔したのは、勝沼にあるパン工房「パンテーブル」。屋号に堂々と「パン」と入れている。まさに、パン尽くし。小ぢんまりとした素敵な店内では多種多様なパンたちが売られている。え?味はどうだったんだ?ですって?ご興味があれば是非、勝沼へ。きっとお気に入りパン屋なりブーランジェリーのリストに入ることでしょう。


posted by 小津 杉三 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

「2104 PARKSIDE BAKERY」(横浜・南舞岡)

110916-2104parksidebakery (2).JPG

110916-2104parksidebakery (1).JPG

元々はご飯党の私を次第にパン党へと鞍替えさせようとする追い風として、その名を近所に轟かせている「2014 PARKSIDE BAKERY」にて買い求めたお昼のパンたち。

冷たい牛乳と一緒に。


posted by 小津 杉三 at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

「ペーパームーン」のパン

110703-papermoon-bread.JPG

年がら年中訪れている山梨県の山中湖畔にあるケーキと雑貨の店「ペーパームーン」。普段、甘いものは滅多に口にしない私も、ここのケーキだけは例外的に好んでいただく。

が、今回はケーキではなく、普通のパン。ホワホワ感がなかなか素敵な焼き具合。トーストしてもよし、そのままでもよし。

【参考記事】
http://epistles.seesaa.net/article/141110061.html
http://epistles.seesaa.net/article/122209351.html


posted by 小津 杉三 at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

リストランテ「パパダヴィデ」

110710-papa davide.JPG

横浜元町の高級ハンドバッグ店として知られる「キタムラK2」が母体となっているイタリア料理リストランテ「パパダヴィデ」にて、会社帰りのやや遅めのディナーをいただく。

重厚な入り口に圧倒されつつも、スタッフの笑顔にリラックス感を覚え、敷居の高さをそれほどまでには感じない。店内は落ちついた大人の雰囲気。

コテコテの日本人である私にとっては難解極まりないメニューの用語も、スタッフが分かりやすく「解説」してくださる。


posted by 小津 杉三 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

「マリー 伊豆店」(静岡・函南町)

110402-marie-lunch-beefstroganoff.JPG

いつものように遅くおきた週末の朝、ブランチを食べに「マリー(Marie)伊豆店」を訪ねる。

この日はビーフストロガノフのセットを注文。ゴボウのサラダと野菜スープのほか、デザートも付いてくる。

110402-marie-lunch-bread.JPG

そうそう、伊豆店にはベーカリーも併設しているので、パンもついついお替りしてしまう。
posted by 小津 杉三 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

「2104 PARKSIDE BAKERY」(横浜・南舞岡)

110430-2104parksidebakery-quiche.JPG

近所にあるお気に入りベーカリー「2104 PARKSIDE BAKERY」に出向き、卵、クリーム、野菜を主体に作るフランスの郷土料理の一つでもあるキッシュをいただく。

カウンターの上を舐めるように見渡すも、目当てのキッシュがない。落胆のなかで肩を落としていると、カウンターの背後にあるラックに1つ残っているではないか。店主に対しおもむろに「あのキッシュください」と告げる。

ここのキッシュの特徴は、まずその顕著な重さにあろう。手のひらに載せると、まず、その重量感に驚く。しっかりと中身が詰まっていることが容易に想像することができ、食べる者に喜びを与えてくれる。


posted by 小津 杉三 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

日野南地域ケアプラザのパン

101030-hinominamichiikicareplaza-bakery.JPG

横浜市港南資源回収センターの敷地内にあるケアプラザのパン工房で作ったパンでランチ。

専門家の指導の下で障がいをもった人たちがプラザ内にある工房でパン作りに励む。工房の隣に売店があり、そこで好きなものをトレーにのせてレジで精算。

写真はカレーパンだが、私にとってはもうちょっと辛味があってもよいのだが、なかなか奥の深いカレー風味に驚きを隠せない。
posted by 小津 杉三 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

ヨーロピアンカフェ「グータン(Gout Temp)」(山中湖畔そば)

101031-gouttemps-pizza.JPG

ここのピザは薄生地で私好み。パン生地のように分厚いのはどうも苦手だが、ここのは極薄で実に私の好みにマッチしている。なお、マッチとはいっても、往年のアイドル・グループ「たのきんトリオ」の一メンバーのことではない。無論、軸の先端に発火性のある混合物が付いた火つけ道具のことでもない。

カフェ「グータン」は、モダンレトロのロックバンド「siloam」のリーダー、siloamあくつ氏がご家族で訪れた道志村キャンプの際にお立ち寄りになられた店として、氏が管理・運営するサイトに載っていた動画のなかで紹介されている。動画を拝見し、道志村に行く際にはなるべく立ち寄ってみようということで、もう何度通っていることか。

古いレコード盤をメニューに使っていたり、店先にユニオン・ジャックが堂々と飾られていたり、店の脇に英国車が展示されていたり、店内はなんともいえないレトロ調であったりと、siloamあくつ氏ご自身の好みと共鳴する部分がかなりあったのではないかと勝手に推察している。

【参考記事】
http://epistles.seesaa.net/article/126404199.html
http://epistles.seesaa.net/article/156997362.html
posted by 小津 杉三 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

ある日の朝食

110227-breakfast.JPG

空腹で迎えた週末の朝、寝ぼけ眼で冷蔵庫を覗いてみると、いつ購入したのかすら覚えていないソーセージとパンの存在に気付く。

ソーセージはボイルしている間にパンを焼く。kiriのクリームチーズを2個とりだし、粒マスタードを添えてみる。あとは牛乳をコップになみなみ注げば準備は完了。

ったく、テキトーな朝食のようではあるが、パンもソーセージも棄てずに済んだワイ!
posted by 小津 杉三 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

「マリー 伊豆店」(静岡・函南町)

110402-marie-lunch-hamburgsteak.JPG

最近は週末になると寝坊することが多くなった。ちょっと前までは週末であろうと、目覚ましなしでも平日と同じ時間に起床していたものだが、最近では怠け癖がついてしまったのか、ヘタをすると8時近くまで寝ていることがある。怠惰にもほどがある。

で、起床してシャワーを浴びた後に向かったのが、静岡の函南にあるいつもの「マリー(Marie)伊豆店」。ここのランチがお気に入りの私は、今回は怠けた身体に活を入れるため、タンパク質を摂取すべく久々にハンバーグ・ランチを注文。

ホワホワの食感が特徴的なここのハンバーグは、そのままでも美味しいが、やはりご飯との相性もなかなか格別である。セットで付いてくる野菜スープも冷めないうちにいただく。
posted by 小津 杉三 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

手作りシチュー

110323-stew.JPG

冷蔵庫の掃除を兼ねてシチュー作りに勤しむ。

庫内で冬眠中の野菜たちに登場願い、適当な大きさに切ってル・クルーゼの鍋に放り込む。

味は薄めのドミグラスソースにブイヨンをきかせる

至ってシンプルなのだが、2度と同じ味は出せない。。。
posted by 小津 杉三 at 07:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

「CAFE M」(山梨・西湖畔)

101127-cafem-saiko.JPG

遅く起きた週末の午前中、富士五湖の一つである西湖を訪ね、湖畔にある「CAFE M」にてやや遅めのランチ。

湖畔という折角の立地なのだから、というわけでもないのだが、なんとなく湖が見渡せるテラス席を希望し、料理はそちらに運んでもらうことに。

101127-cafem-curry.JPG

メニューにあったチキンカレーを注文。カフェのランチはほんのちょこっとしか量がないイメージがあるが、ここのはかなりのボリューム。ナイフとフォークを上手に使えば、骨付きの鶏肉も難なくいただくことができる。

色から想像できるように、辛さという点では万人受けするマイルドな範囲のものであるが、バターや香辛料を上手に使ってあり、私の浅はかな語威力では到底表現することができないほど味わい深い一品に仕上がっている。
posted by 小津 杉三 at 06:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

イタリアン・ダイニング「KuRa」(鎌倉・御成町)

101215-kura.JPG

知人の知人が切り盛りをしている鎌倉のイタリアン・ダイニングのレストラン「KuRa」にて。

オードブルのカルパッチョを白ワインと一緒にいただきながら、知人の到着を待つ。。。
posted by 小津 杉三 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

「マリー 伊豆店」のサンドイッチで朝食

110108-marieizu-sandwich.JPG

最近はパン関係の記事が多い。。。

伊豆のマリーはレストランと雑貨屋のみならず、ベーカリーをも併設している。

レストランのレジの左脇のスペースで焼きたてのバンを売っているのだが、ご飯党の私でもここのパンはついついお土産に買い求めてしまう。

朝、パンには申し訳ないが、インスタントのカップスープと一緒に。。。
posted by 小津 杉三 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

「プルクワ」のパンたち

110108-pourquoi-pizza.JPG

110108-pourquoi-chilidog.JPG

藤沢の辻堂元町にあるお気に入りのベーカリー「プルクワ」(POURQUOI?)で買い求めたゴルゴンゾーラのピザとチリドッグ。同店は、神奈川県内で私が最も好きなパン屋の一つ。

ここのお気に入りのサービスは、購入後のパンを必要に応じて温めなおしてくれること。レンジでチンするのではなく、ちゃんと焼き釜なりオーブンなりで再び火を通してくれる。やや焦げ目が多くなってしまうこともあるが、それはそれで香ばしさが増したと思えば良いだけのこと。
posted by 小津 杉三 at 00:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

「マリー 伊豆店」(静岡・函南町)

110108-marieizu-lunch.JPG

遅く起きた週末、遅いブランチでもということで、鎌倉にも姉妹店がある伊豆のマリーへと向かう。伊豆とはいっても、伊豆半島の中心にあるわけではなく、むしろ半島の付け根のあたり、具体的には函南に程近いところにあると説明するのがよいかも知れぬ。

ここのハンバーグは日替わりランチとしていよく登場してくれているのだが、ソースはやや甘みが強いが、全体的にはホワホワで実に美味しくまとめられている。副菜やスープも滋味深く、毎回のように注文してしまう。デザートのケーキも私のような甘党ではないオヤジにはちょうどよい量で助かる。

《参考記事》
http://epistles.seesaa.net/article/122209357.html
posted by 小津 杉三 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

「エルバッチャ(ERBACCIA)」(山梨・富士吉田)

110122-erbacccia-pasta.JPG

地元住民に薦められたイタリアン料理の「エルバッチャ」。

富士吉田の住宅街に何気なくある店で、特段、大きな看板があるわけでもなく、普通に通り過ぎてしまうほど目立たない。客層も基本的に地元の方たちが多いのではないか、と勝手に想像している。

注文したのは辛口ボロネーゼ。普通サイズだとやや少なめだという情報をいただいていたので、プラス200円で大盛に。

今度は、辛口でなく、普通のボロネーゼを試してみよう。
posted by 小津 杉三 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

コミュニケーションカフェ「カフェ鎌倉美学」(鎌倉・御成町)

100924-kamakurabigaku-lunch.JPG

食の楽しみを否応なしに感じさせてくれる「カフェ鎌倉美学」は鎌倉駅の西口を出た御成町にある。

好きなおかず2品にライスとサラダが付くミックスプレートランチを注文。私はカレーとマリネを選んだが、素材の味が香辛料や各種調味料とかくも見事に融合した料理に大いに感動を覚える。
posted by 小津 杉三 at 06:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

IKEAのミートボールでディナー

100904-dinner-ikeameatball.JPG

横浜市都筑区にあるIKEA港北で買い求めたスウェーデンのミートボールを夕飯のメインに。

ブラウンマッシュルームのオリーブオイル煮、ポテトサラダ、サーモンと野菜のマリネも添える。

どこ産だったかの赤ワインと一緒に。

そうそう、「IKEAに行けや」などとオヤジギャグを飛ばしている場合ではない。
posted by 小津 杉三 at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

「GUCHIPAN」(静岡・富士宮)

100920-guchipan.jpg

私好みの惣菜パンが置いてある富士宮市のベーカリー「GUCHIPAN(グチパン)」。

ここのパンは手作り感があって家庭的な味わいが特徴的。
posted by 小津 杉三 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。