2011年11月23日

シドモア桜100周年・里帰りを喜ぶ市民の会 100日前交流会



来年2012年は、今から99年前の1912年、アメリカ人旅行作家・エリザ・シドモア女史とアメリカで「近代バイオテクノロジーの父」として知られる日本人科学者・高峰譲吉博士の情熱と尽力によって、日米友好のシンボルとして日本の桜がアメリカに贈られ、首都ワシントンDCを流れるポトマック河畔に植樹されてから、ちょうど100年目という大きな節目にあたる。

夜になると私もよく出没している野毛で産声を上げた「シドモア桜100周年・里帰りを喜ぶ市民の会」では、去る9月30日開催の第1回交流会に続き、実際に植樹された3月27日から起算して100日前にあたる12月18日(日)、100日前カウントダウンのイベントして、シドモア桜に縁のある団体・機関や地方自治体の関係者を交えての交流会を次により開催することとなった。

本市民の会の趣旨に賛同される方、本カウントダウン交流会に興味のある方、通りすがりの善良な市民の方は是非。


日時:
 2011年12月18日(日) 正午〜午後2時

会場:
 横浜メディア・ビジネスセンター 1階(横浜市中区太田町2-23)

定員:
 200名(先着順)

形式:
 立食ビュッフェ

参加費:
 お一人当たり3,000円(要事前振込み)

振込先:
 ゆうちょ銀行
 ・口座名義…シドモア桜100周年里帰りを喜ぶ市民の会
 ・口座記号・番号…00280-2-54082

参加申込先:
 本市民の会 事務局(ikuko.tomonari (at) gmail.com)

申込・振込期限:
 来る12月12日(月)まで


なお、本カウントダウン交流会の最後のプログラムで、横浜市歌をモチーフにした「アラメヤ音頭」を参加者全員で踊ります。老若男女が入り乱れて、否、年齢性別関係なく、皆で楽しく踊ります。振り付けは冒頭の動画をご参照ください。この動画は、本市民の会が発足した設立総会(今年3月27日開催)開催後の余興として、出席者による演舞を行ったものです。

また、本市民の会では、来年の100周年記念行事の一環として、毎年桜が咲く時期に合わせてアメリカのワシントンDCで開催されている「全米桜祭り」にも参加し、アラメヤ音頭をアメリカ市民の前で踊ります。成田空港までの国内交通費を除き、個人的な飲食代、オプションツアーへの参加費、燃料サーチャージ等を含めて、旅費は全体で40万円前後になる見込み。野毛関係者や市民の会のメンバーでは、既に数十名が参加の意向を示している。私も会社サボって行こうかな。。。


【参考記事】
 http://epistles.seesaa.net/article/228833309.html
 http://epistles.seesaa.net/article/228496981.html
 http://epistles.seesaa.net/article/227892348.html
 http://epistles.seesaa.net/article/186757849.html
 http://epistles.seesaa.net/article/185753775.html


posted by 小津 杉三 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感手記-社会・政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236580252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。