2011年10月01日

信州・安曇野紀行-3(拾ヶ堰)

110611-jugaseki.JPG

江戸後期の19世紀初頭に開削された灌漑用の用水路。初歩的な計測技術しかない当時としては、かなり精度の高い測量によって完成されたという。

全長約15kmにも及び、今日の安曇野を礎を築いた文化的な遺産でもある。

posted by 小津 杉三 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の余暇-旅先で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228333605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。