2011年08月16日

猿橋(山梨・大月)

110503-saruhashi.JPG

かつて江戸時代では、この猿橋は日本三奇橋の一つとして知られていたという。

なぜ猿橋と呼ばれているのか不思議だが、ガイドの話によると、その昔、大勢の猿が互いに体を支えあいながら向こう岸とこっちの岸とを結んだと言われていることに起因しているという。

猿の身体能力には到底及ばない。。。人間がマネをしたら、確実に遥か下の川に墜落するであろう。
posted by 小津 杉三 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の余暇-旅先で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220703034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。