2011年03月12日

2011年東北地方太平洋沖地震

3月11日(金)午後2時46分頃に三陸沖で発生した大規模な地震によって、多くの尊い命が奪われた。今も行方不明になっている多数の人たちの安否が気がかりである。

震源地から離れているとはいえ、私が住む横浜でも震度5程度の揺れを感じた。ビル管理センターから全員ビルの外に退去するよう指示があったので、職場の全員がとりあえず外へ。携帯電話だけをもって、とりあえずワイシャツ姿のままで寒空の外に出てみると、役員や上層部は既にコートを羽織り、挙句にカバンをかかえていつでも帰宅可能な準備澄み。

事務所内の書棚等からはファイルというファイルが落下し、書棚自体も崩れ落ちており、危うく下敷きになるところに。もっとも、私など下敷きになったとしても、自力で這い出してくるであろうということで、きっと誰も助けてはくれまい。

地震発生からだいぶ経ってから、社員に対して帰宅の許可がおりた。「希望する者は帰宅しても構わない。ただ、JR線、みなとみらい線、東横線、横浜市営地下鉄等の公共交通手段は断たれているので、帰宅手段については各自責任をもつように」とのお達し。何とも社員思いな上層部の言葉をそのまま伝える庶務係長。で、上層部へはタクシーチケットをそれとなく手渡す。

5時近くになって会社を後にした私は、帰りの手段が全く途方にくれながら、野毛へと足を運ぶ。焼鳥屋の暖簾をくぐり、いつもの席へ。

私:「マスター、生きていらっしゃいましたかぁ。。。」
主人:「へぃ、この店は大丈夫です」
私:「あぁ、よかった」
主人:「ささ、どうぞお席へ」

セセリ、ササミ、肉団子(つくね)などをいただきながら、芋焼酎をロックであおる。途中で日本酒に切り替え、さらに杯を重ねる。

焼鳥屋の次は、創作燻製料理「一菜」へ。燻刺盛り合わせでホッピーをいただき、軽く一眠り。
posted by 小津 杉三 at 11:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感手記-社会・政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無事でなによりです。
横浜は棚の物が落ちるほど揺れたのですか?
私のいる神田は揺れはすごかったものの、ブチョーのPCの上に見事なバランスで乗っていた卓上カレンダーが落ちたぐらいでしたが(キャビネットは男子達が必死で身を挺して押さえていた)外に出ることもありませんでした。当然帰れないので、会社泊でした。
しんどーい(-_-;)
Posted by 集子 at 2011年03月12日 17:05
>集子さん
 車中泊なんらぬ社中泊でござりましたかぁ。。。さぞお疲れのことと存じます。
 当社はキャビネットは全壊状態です。。。
Posted by 小津 杉三 at 2011年03月12日 20:27
こんばんは。
ご無事で何よりです。
こちらは職場が高層フロアだったもので耐震構造の恩恵で揺れ続けてくれて中々外に出れず辛かったです。
その上公共交通機関が止まってたので徒歩で、途中東急東横線の復旧したので途中からは電車で帰宅しました。
・・・うちはキャビネは大丈夫でしたが、実施中の作業がパーでした・・・。
Posted by CESIA at 2011年03月13日 21:59
>CESIAさん
 作業がパーになってしまったとは。。。まさに小生の頭の中と同じではないでするか。。。
 それにしても、上星川のラーメン、おいしそうでしたなぁ。。。
Posted by 小津 杉三 at 2011年03月15日 04:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190210546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。