2011年01月19日

中国名菜「景徳鎮」(横浜中華街)

101008-keitokuchin (5).JPG

私が所属している唐辛子愛好会では、不定期に激辛料理の堪能会を通じて、唐辛子や各種辛味スパイスの効能や大量摂取した際の人体への影響など、わが身をもって実験・証明することをモットーとしており、現在会員は私を入れて3名にも達する。

持ち回りの幹事で店を決めるのだが、今回は私の担当。たまにはということで、横浜の中華街にて唐辛子愛好会の会合を開くことに。ただ、私は中華街は門外漢で店をあまり知らない。そこで、中華街といえばこの人ありといわれる「でぶねこごはん・・・たまに簿記」のぶるねこ氏に事情を話し、数ある店のデータベースの中から悶絶系の店ということで「景徳鎮」をご紹介いただくことに。

冒頭の写真は、同店の自慢料理の一つでもある四川風麻婆豆腐。辛味は日本人に合わせて比較的抑え気味ではあるが、1口、2口と箸を進めていくうちに、額からジワリと脂汗が出てくるのを感じる。思わずタオルが欲しくなるが、汗は紙で拭うのがわが会の流儀。なので、タオルを使わずにティッシュペーパーを使う。額にはティッシュのカスがところどころチリのように付着してしまうが、それすらも気にしてはならない。

101008-keitokuchin (4).JPG

2品目は牛肉と野菜の唐辛子炒め。思わず熱々のライスと一緒に頬張り、口内を火傷でただれさせたい衝動に駆られる。さすがにわが身可愛さでそこまではしない。

101008-keitokuchin (3).JPG

3品目は四川系の店では必ずといってよいほど注文する水煮牛肉。唐辛子と花山椒をふんだんに入れてもらうよう、注文時に特にお願いした。店によってそれぞれの特徴があり、それぞれの良さがある。

101008-keitokuchin (2).JPG

4品目は蒸し鶏の唐辛子ソース和え。これはむしろ、甘味もあったので箸休めとしていただくことができる。紹興酒との相性は格別。

101008-keitokuchin (1).JPG

最後は唐辛子が効いた煮込み四川ラーメン。これをフーフーいいながらいただく。
posted by 小津 杉三 at 01:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうですね。
特に2品目が。
Posted by siloamあくつ at 2011年01月19日 08:01
>siloamあくつさん
 はい、ビールが進む君でした(笑)。
Posted by 小津 杉三 at 2011年01月19日 08:50
リンク貼って頂き、光栄です!

それにしても、どれも辛くて美味しそうですね〜☆

>汗は紙で拭うのがわが会の流儀
女子とは思えない勢いで、タオルでがっつり汗を拭く私にとっては、なんて…清くて正しい流儀なのでしょう。。。
Posted by ぶるねこ at 2011年01月26日 12:19
>ぶるねこさん
 はい、お陰さまで美味しくいただくことが出来ました!ありがとうござりました。
Posted by 小津 杉三 at 2011年01月30日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181300873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。