2010年11月25日

秋田紀行-4(国際教養大学の図書館)

100807-aiu-library.JPG

秋田市内にある国際教養大学(AIU)の図書館は、学生たちに勉強の場をいつでも提供するため、24時間365日オープンしている。蔵書の多くは英語による原書だという。

公立大学法人でありながら、ユニークなカリキュラムが組まれており、特に海外とのコミュニケーションを図る学生の育成に重点を置いている。なので、ほとんどの授業は英語で行われている。驚くなかれ、教員の過半数が外国籍だという。

卒業後の就職率も9割を越えるほど。う〜む、私もここで学部生から人生やり直してみるか。。。
posted by 小津 杉三 at 06:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感手記-宗教・言語・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国人にも平気で日本語で話してしまうぼくにはとても無理な世界ですね。
Posted by siloamあくつ at 2010年11月25日 18:31
この図書館は魅力的な造りですね。
行ってみたくなります。

こんなところで書物を読んだら、
さぞかし読み応えがあるような…
Posted by 酔華 at 2010年11月25日 22:19
>siloamあくつさん
 日本にいるのですから、日本語を話すのが基本ですなぁ。。。

>酔華さん
 活字中毒の私としては、暇さえあればここで閉じ篭っていたいですなぁ。。。
Posted by 小津 杉三 at 2010年11月28日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170595189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。