2010年06月05日

中華刀削麺「華隆餐館」でオフ会

100219-karyusankan.jpg

メル友と友に長者町にある激辛四川料理で知られる「華隆餐館」にて、オフ会を挙行。ここ数年、激辛といえば、よくこの店がネット上で紹介されているが、ただそれも初期の頃の話で、今ではめっきりその辛さに陰りがみられるようになってきた。私が通い始めた5〜6年前と比べると、今ではマイルドな日本人向けの辛さの店として定着してきている。

メル友らとは駅ではなく、直接、店で集合。カウンター前のテーブル席を予約しておいたので、そこに陣取る。まずは、手始めのオードブル代わりに、3種ほど作ってもらう。画像は左から順番に、ピータンの唐辛子和え、キクラゲの和え物、酸味の利いた豆腐煮込み。いずれも、辛さを強めにお願いしてはいたが、日本人向けのマイルドな辛さで出される。
posted by 小津 杉三 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150789617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。