2010年05月24日

読者の土産、食す

100215-taiwankanzume.JPG

曙町にある「台湾屋台」でもよく〆に注文する魯肉飯のご飯の上にのる肉の部分だけが缶詰になったものを読者から頂戴した。一回の食べ切りサイズなので、もったいなくてもったいなくてなかなか食べられないでいたが、このたび、意を決して食してみることに。

まず、缶詰の内容物を耐熱皿にあけ、ラップをしてレンジでチン。数分後、クツクツとなったところを、熱々のご飯の上におもむろにのせていただく。火を噴きそうな熱さだが、グッと堪える。思わず、冷たいお茶が欲しくなる。

これなら、ちょっとした夜食として食べるにはちょうど良い。自分なりに、玉ねぎや豚バラ肉等を入れて煮込んでも良いかも知れぬ。
posted by 小津 杉三 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150789612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。