2010年01月21日

鎌倉撮影紀行-3(素心蝋梅)

091230-soshinrobai.JPG

甘い香りが特徴的な蝋梅を求めて、鎌倉を歩く。

蝋梅のなかでも、花の中央の部分まで黄色の種類は素心蝋梅と呼ばれる。「梅」とあるが、いわゆるバラ科サクラ属の梅ではなく、ロウバイ科ロウバイ属という別の分類。

ややうつむき加減に花が咲くことからかどうかは不明だが、花言葉は「ゆかしさ」。他にも、「慈しみ」「先導」「先見」「優しい心」など。
posted by 小津 杉三 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然謳歌-草花と共に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138934036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。