2009年11月11日

中華刀削麺「華隆餐館」(横浜・長者町)

091023-karyusankan-hotpot.JPG

体内に唐辛子を補給するため、長者町にある「華隆餐館」にて火鍋の会を催す。当初、私が通い始めた数年前は、四川山椒の舌が痺れるような「麻」味と唐辛子のヒリヒリする「辣」味とが相まって強烈なハーモニーを醸し出していたものだが、最近ではめっきり麻辣味が日本人の口に合わせた「弱め」になってしまっている。

ところで、最近、この店がよくブログ等に登場しているが、何かきっかけがあったのであろうか。つい数年前までは、まだ誰も取り上げてはいなかったのだが・・・。やはり、王兄弟による唐辛子と山椒の協奏曲が巷で有名になってきたのであろうか。mixiでも、同店のコミュニティが存在するほど。しかも、鎌倉街道をはさんだ目の前にあり長蛇の行列で有名なラーメン次郎と比較のうえで論じられることもしばしば。

それにしても、ここの火鍋はいろいろな具材を好きなものを好きなだけ追加できるところが良い。豚の血、牛肉、野菜、など。具材の一覧が載っている注文表に注文したい数を書いて店員に渡すという仕組み。「正」の字を書くべきかどうか迷ったが、一応はほぼ全世界で通じるであろうアラビア数字で記入。

最後の〆として、レンゲでスープをすくって飲む。ラーメンのスープを飲むのと違い、かなり辛さゆえにペースは相当遅くなる。翌朝、自分の身体がどうなっているかなんてことは考えない。ただただ、目の前のスープをより多く飲むことに集中する。それにより、身体も温まるというもの。
posted by 小津 杉三 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132567685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。