2011年12月07日

横浜の「おとめ納豆」

111127-otomenatto.JPG

横浜にある唯一の納豆メーカー、中村五郎商店のおとめ納豆をいただいたいので、自宅にて賞味。確か、最初にここの納豆の存在を知ったのは、関内駅近くにある大通公園沿いの居酒屋のママからの情報だったような記憶がある。酒のつまみとしてだけではなく、いつかは自宅で炊きたてのご飯と一緒にと夢見ていたが、ようやく現実のものに。

昔ながらの松経木にくるまれた三角の納豆を小鉢よりもやや大きめの器に入れる。辛子袋は付いているが、よりツンとくるのが好みの私は、チューブ入りのを使う。醤油は付いていないので、昆布だし入りの醤油をさっとかける。 混ぜ混ぜすると、普通にスーパーで売っているものとは違い、糸の弾きがかなり強力。刻みネギを入れたいところではあるが、納豆の味わいに集中するため敢えて入れない。

大きめの茶碗に熱々のご飯を盛り、混ぜ終わったおとめ納豆をかける。白いご飯と納豆とをグチャグチャに混ぜる輩がいるが、握り寿司をわざわざ分解して食べるようなもので、それはしてはいけない。見た目も良くないし、それに熱々のご飯が空気に触れてしまい、一気に冷めてしまう。口の中で、ご飯の温もりと納豆のひんやり感とのコントラストを楽しみ、咀嚼によって口内温度を中和させる。

かなり大きめな粒ではあるが、意外にも国産の大豆は使用していない。やはり、国産大豆だと原価が跳ね上がり、今の個人消費動向では商売にならないのかなもしれない。おとめ納豆、もっと身近な店舗で手に入ればと願う次第。


posted by 小津 杉三 at 04:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々食育-食を巡って・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。