2011年11月25日

中華刀削麺「華隆餐館」にて読者とオフ会

111028-karyusankan-gyunikutogarashiitame.JPG

唐辛子を採ろうというコンセプトで開催した読者とのオフ会。会場は当然ながら、「唐辛子の魔術師」の異名をとる王(ワン)兄弟が厨房を切り盛りする四川料理の店「華隆餐館」。身体が無性に唐辛子を欲するがあまり、そろそろ同店に行かなければと思っていた矢先だったので、まさに渡りに舟。

冒頭の写真は、今回が初トライとなる牛肉の唐辛子炒め。私が通い始めた数年前に比べれば辛さの度合いがだいぶ低くなってきてはいるが、他の四川系の店からすればまだまだ辛さは健在。柔らかい牛肉とシャキシャキ感が残る野菜との対照が唐辛子の辛味で包み込まれている感じ。熱々のご飯がついつい欲しくなるが、一応は飲み会であるので、とりあえず紹興酒をグィっとあおる。

111028-karyusankan-hinabe.JPG

メインの火鍋。数名でハフハフいいながらの火鍋は格別。本格的な寒さが到来するこれからの季節には欠かせない。体調を考え、さすがに以前執り行われた唐辛子料理愛好会の定例会のときのように、スープまで全部飲み干すのは止めておくことに。


【参考記事】
 http://epistles.seesaa.net/article/214683005.html
 http://epistles.seesaa.net/article/160903721.html
 http://epistles.seesaa.net/article/150789617.html
 http://epistles.seesaa.net/article/132567685.html
 http://epistles.seesaa.net/article/125871492.html
 http://epistles.seesaa.net/article/125871457.html
 http://epistles.seesaa.net/article/123741156.html


posted by 小津 杉三 at 04:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。