2011年10月03日

シドモア桜100周年・里帰りを喜ぶ市民の会 交流会

110930-scidmore-reception.JPG

去る9月30日(金)、横浜メディア・ビジネスセンターにて、シドモア桜100周年・里帰りを喜ぶ市民の会による交流会が開催、来年の春に100周年を迎える日米友好の架け橋ともなったシドモア桜の寄贈・植樹100周年に向け、機運を大いに盛り上げた。

この市民の会は野毛で産声を上げたが、交流会には野毛ラーと呼ばれる飲兵衛の姿はほんの僅か。当日は110名を越える市民が集ったが、私の拙いブログの読んでくださる2名の貴重な読者から、「あのぉ、小津さんですか?」と呼び止められるに留まった。

会の最後には横浜市歌をモチーフにした「アラメヤ音頭」が流され、参加者全員がハッピをまとって大円舞を楽しんだ。

あっ、写真の向こうに、小生の姿が…。


【シドモア桜市民の会ホームページ】
http://scidmore.nogehanahana.org/

【参考記事】
http://epistles.seesaa.net/article/227892348.html
http://epistles.seesaa.net/article/186757849.html
http://epistles.seesaa.net/article/185753775.html


posted by 小津 杉三 at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感手記-社会・政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

信州・安曇野紀行-4(大王わさび農場)

110611-daiowasabi.JPG

わさび園としては国内最大級の規模を誇る大王さわび農園は、安曇野随一の観光名所であると同時に、故・黒澤明監督の映画『夢』のロケ地としても知られる。

「せいろ」でも「ざる」でも構わない。たっぷりのわさびを付けて、そばを食したいもの。と思っていたら、土産に買うのを忘れてしまった。

posted by 小津 杉三 at 08:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 私の余暇-旅先で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

信州・安曇野紀行-3(拾ヶ堰)

110611-jugaseki.JPG

江戸後期の19世紀初頭に開削された灌漑用の用水路。初歩的な計測技術しかない当時としては、かなり精度の高い測量によって完成されたという。

全長約15kmにも及び、今日の安曇野を礎を築いた文化的な遺産でもある。

posted by 小津 杉三 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の余暇-旅先で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。