2011年07月30日

聘珍樓の弁当

110312-heichinro-bento.JPG

薄給の身としては実際の店で食することができないが、数百円のお弁当であれば手が届く範囲。

ある晩の食事としていただく。
posted by 小津 杉三 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。