2011年07月18日

「浜志まん」のケーキ

110227-hamajiman-cake.JPG

第24回神奈川県名菓展菓子コンクールの一般名菓の部で優秀賞に輝き、その後、神奈川県指定銘菓(第27回指定)にもなった「浜志まん」のボストンクリームパイ。

浜志まんは横浜のスウィ〜ツ愛好家たちの間でもかなり人気の店の様子。甘味の大家として知られるこの人も召し上がっているし、「スウィ〜ツの女帝」の異名をとるあの人もモノは違っても同店のケーキにありついていらっしゃる。そう、私に対して「一口いかがですか」という一言のお勧めの言葉もなしで。。。

えぇ〜ぃ、もうこうなったら一人でパクついてやるぅ〜っ。
posted by 小津 杉三 at 01:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々食育-カフェ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

舞岡公園のカルガモ

110305-karugamo.JPG

近所にある舞岡公園を散歩していると、池の辺にカルガモたちの姿を発見。

カルガモといえば、横浜開港資料館の隣にある横浜開港記念広場の噴水のところにもカルガモが最近出没していたっけ。
posted by 小津 杉三 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然謳歌-動物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

「マリー 伊豆店」(静岡・函南町)

110402-marie-lunch-hamburgsteak.JPG

最近は週末になると寝坊することが多くなった。ちょっと前までは週末であろうと、目覚ましなしでも平日と同じ時間に起床していたものだが、最近では怠け癖がついてしまったのか、ヘタをすると8時近くまで寝ていることがある。怠惰にもほどがある。

で、起床してシャワーを浴びた後に向かったのが、静岡の函南にあるいつもの「マリー(Marie)伊豆店」。ここのランチがお気に入りの私は、今回は怠けた身体に活を入れるため、タンパク質を摂取すべく久々にハンバーグ・ランチを注文。

ホワホワの食感が特徴的なここのハンバーグは、そのままでも美味しいが、やはりご飯との相性もなかなか格別である。セットで付いてくる野菜スープも冷めないうちにいただく。
posted by 小津 杉三 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

「鳶尾寿司」(厚木・鳶尾)

101017-tobiozushi-lunchsushi.JPG

神奈川の厚木にある「鳶尾寿司」に立ち寄り、寿司ランチを堪能。

寿司は好物なので、なるべく頻度を保ちながら食べるようにはしているのだが、いかんせん懐との相談もあるので、そう易々とはいただくことはできぬ代物である。

101017-tobiozushi-oyakodon.JPG

やはり、貧乏性のためか、寿司だけは足りないので親子丼を追加。
posted by 小津 杉三 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

花の森オートキャピア(山梨・道志村)

101101-hananomoriautocampia-cottage.JPG

道志村の花の森オートキャンピアにて軽めのキャンプ。今回はテントではなく、キャビンを利用。

受付で経営者と対談しているうちに、ここの経営者は何と、モダンレトロの最強ロックバンド「siloam」のリーダーを務めるsiloamあくつ氏にご紹介いただいたスカイバレーキャンプ場の経営者の兄上であることが判明。

スカイバレーはsiloamあくつ氏にご紹介いただいた後、もう幾度となく利用させていただいているが、今後は兄上のキャンプ場も利用させていただこうか。

101101-hananomoriautocampia-bbq.JPG

夜は、キャビンの目の前にある専用のバーベキューサイトにて夕食。
posted by 小津 杉三 at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の余暇-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

中華刀削麺「華隆餐館」(横浜・長者町)

101024-karyusaikan-mizunigyuniku.JPG

私のなかでは「マイルド系の四川料理」として定着しつつある長者町の四川料理店「華隆餐館」にて、予てよりの一押しメニューでもある「水煮牛肉」を会社帰りに堪能。

唐辛子の仕入れ価格が高騰しているのかどうかは知らないが、唐辛子の魔術師の異名をとる炎の料理人・シェフの王兄弟に辛味を増すよう注文の際に再三お願いしても、ここ最近の辛さのレベルはデフォルトに近いマイルドのまま。
posted by 小津 杉三 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々食育-中華・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

曇り日の山中湖

100412-yamanakako.JPG

年がら年中訪れている山中湖。

私が行くときは大抵は晴れていることが多いのだが、やはり山に近いこともあってか残念ながらたまには曇りの時もある。

どんよりとした厚い雲に覆われた空ではあるが、晴れていようが曇りであろうが、ここは私が大好きな山中湖には変わりはない。

たまには手漕ぎボートでもとは思うが、翌日の腕と背中の筋肉痛を思うと、及び腰になってしまう。
posted by 小津 杉三 at 05:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然謳歌-山海・湖沼・滝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

創作燻製料理「一菜」(横浜・花咲町)

101024-issai-kunsei.jpg

私が尊敬する料理人cova氏が切り盛りする創作燻製料理「一菜」にて、いつもの会社帰りの単独一献。

体調が優れないので、「あれと、これと、それ」でお願いした私の強引なわがままによる燻製三種盛り。左から順番に、元気の源となるレバー、程よい辛味の明太子、そしてネットリ感が残るサツマイモ。

みぞれ酒と一緒に。
posted by 小津 杉三 at 07:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々食育-居酒屋・酒と共に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

手作りシチュー

110323-stew.JPG

冷蔵庫の掃除を兼ねてシチュー作りに勤しむ。

庫内で冬眠中の野菜たちに登場願い、適当な大きさに切ってル・クルーゼの鍋に放り込む。

味は薄めのドミグラスソースにブイヨンをきかせる

至ってシンプルなのだが、2度と同じ味は出せない。。。
posted by 小津 杉三 at 07:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々食育-洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。